美容整形外科で頬のたるみを治療しよう|治療法の選び方を知ろう

ドクター

治療の前と後も大切

美容整形

カウンセリングから始まる

たるみの治療を手術などで行う場合、その前に医師の診察やカウンセリングを受けます。予約をして、まずは相談もかねてクリニックに行きます。診察時には診断だけではなく、悩みの相談や希望する内容を話すことができます。たるみに合わせた最適な手術の方法を提案してもらえます。手術をしなくて済む方法もあるので、手術が嫌な人でも大丈夫です。カウンセラーには注意点や見積もりや支払いといった医師には聞きづらいような話をしてもらえます。手術の予約もカウンセラーに希望する日を伝えたりします。ここまでは無料でしてもらえるクリニックも多いです。手術当日は看護師が準備を手伝ってもらえます。1時間以上かかる手術もありますが、目のたるみの場合はほんの何十分かで終わる手術もあります。局所麻酔やマスクでの麻酔をして数分経ったのち手術が始まります。手術が終わったときには必ずクーリングという時間を設けます。数十分で終わる手術であればおよそ15分程度冷やします。その後帰宅します。手術後には2,3週間あとに検診を受けます。このときに治療後に問題がないかどうか確認できます。治療は手術だけではなく、注射によるものもあります。レーザーなど、たるみの程度やなりたい姿に合わせて行われるので最初の診察やカウンセリングで希望を伝えることが大事です。また、治療なのでその後の経過措置も十分考える必要があります。アフターフォローやトラブルが起きた場合の対処方法をしっかりと把握しておきましょう。